3 CNC加工で一般的に使用される補償方法( 2 )

工具半径補正

1.工具径補正の概念

CNCマシニングセンタは、プログラムが走行しているときに工具を軌道運動とする点を考慮している。 例えば、工具R 3を使用して、辺長100の正方形のボスを圧延する場合、プログラムは、辺長100の正方形の大きさで入力され、工具軸の軌跡は、辺長106の正方形であり、ワーク上に加工された被加工物は、辺長が100の正方形である。 . 工具半径補正機能を使用しない場合には、加工時の工具軸の軌跡は、辺長100の正方形であり、辺寸法94の四角形ボスは、加工寸法上の要件を満たしていない被加工物上に研磨される。

工具長補償を用いるのと同様に、プログラミング時には工具の長さは基本的に考慮されない。 工具半径補正のため,工具の直径を考慮せずにプログラムすることができる。 工具長補正はすべての工具に適用できますが、工具半径補正は通常、フライスにのみ使用されます。

フライスカッターがワークの外形又は外形を加工しているときには、工具半径補正を使用し、ワークの端面をエンドミルで加工する場合には、工具長補償のみを必要とする。 ツール半径補償は、理解して、使用する比較的難しいコマンドですので、多くの人々はプログラミングでそれを使用するのを嫌がっています。 しかし、一旦我々が理解して、それをマスターするならば、それは我々のプログラミングと処理に大きな便宜をもたらします。

2.工具径補正の使用

工具半径補償は2つの補償形式を持つ。 B機能の工具半径補正は、この区間のプログラムに従って工具補償のみを計算するため、ブロック間の遷移問題を解決することができず、ワーク輪郭を丸型遷移に加工する必要があるので、ワークの鋭いコーナーでの職人技は良くない。Cファンクションツール半径は、2つのブロックのツールセンターパスの転送を自動的に処理することができます。 したがって、ほとんどすべての現代のCNC工作機械は、C機能ツール半径補償を使用します。

ツール半径補償の方向を判断する方法 判定方法:「工具の進行方向に追従して」とは、工具の左側に工具を残し、工具が工具の右側にある場合には、工具が正しい補償となる。 補償は「負」であり得る。 工具半径補正が負の値となると、G 41、G 42の機能が入れ替わる。

ツールの半径値は予めメモリDXXに記憶され、XXはメモリ番号である。 プログラムがいくつかのツールを必要とする場合、工具番号TXXがメモリDXX、すなわち工具半径補正値に対応することを推奨する。 T 1はメモリ番号を使用します。 したがって、D 01。 そのため、処理中に間違えないようにする。 工具半径補正を実行した後、CNCシステムは自動的に計算結果を計算結果に応じて自動的に補正する。 加工工程において、部品のアウトラインサイズと図面の大きさとの差があれば、メモリDxxの半径補正値を補正し、必要に応じて再実行することができる。 ツール半径補償をキャンセルするには、G 40またはD 00を使用してツール半径補正をキャンセルします。

使用中の注意:ツール補償を作成するか、キャンセルするとき、G 41、G 42、G 40コマンドはG 00またはG 01コマンドと同じブロックになければなりません、すなわち、G 41、G 42とG 40命令は同時に使われなければなりません。 G 00またはG 01コマンドは同時にG 02またはG 03を使用してはいけません、そして、ツール補償をつくるか、キャンセルするとき、実行される直線セグメントの長さは補償されるツール半径値より大きくなければなりません、さもなければ、補償機能は働かないでしょう補償モードでは、2つ以上のツールを書くことは動作しません。 移動ブロック(補助機能、一時停止、等)、ツールがオーバーカットまたはアンダーカットされます。

3 .命令形式

G17/G18/G19 G00/G01 G41/G42 IP_D_

G41: 工具半径左補正

G42: 工具半径補正権

半径補正は指定した座標面でのみ行うことができます。 プレーン選択コマンドG 17、G 18、G 19を用いてXY、ZX、YZプレーンをそれぞれ補償面として選択する。 半径補償のために補償番号を指定し、工具半径値を補償番号dに格納することにより、上記のコマンドを実行すると、工具半径補正値によって自動的に左(G 41)または右(G 42)に切り換えることができる。 動きを含むブロックでは工具補償の確立を完了する必要があるので、G 00(またはG 01)も上記の形式で記述される。 手続きの終了前に補償を取り消すべきです。

ツール選択

フィクスチャオフセット補正

ツールの長さの補償と半径の補償としてプログラマがツールの長さとサイズを無視することができますとして、フィクスチャオフセットはプログラマがワークホールドの位置に関係なくフィクスチャオフセットを使用することができます。

マシニングセンタが小さなワークを加工しているときには、一度にいくつかの工作物を工具に固定することができる。 プログラマーはプログラミング中に各ワークの座標零点を考慮する必要はなく、それぞれのプログラミングゼロ点に従ってプログラムする必要があるだけであり、それからフィクスチャオフセットを使用して、各ワーク上のマシンのプログラムされたゼロ点を動かす。 フィクスチャオフセットは、フィクスチャオフセットコマンドG 54〜G 59を用いて実行される。 もう一つの方法は、G 92コマンドを使って座標系を設定する方法です。 つのワークが終了すると、次のワークを加工するときに、新しいワーク座標系をリセットするためにG 92を使用する。

工具オフセットの関係

工具長補償と半径補償関数の関係

部品のNC加工プログラムにおける工具長補償と工具半径補正(補償器補償)の両方がある場合、半径補償を含むブロックの前に長さ補償を含むブロックを記述しなければならない

例えば次のプログラムセグメントで

N50 GOOG41X20Y20D02

N60 GOOG43Z10

CNCシステムがツール半径補償を実行しない場合は、次のように変更します。

N50 GOOG43Z10

N60 GOOG41X20Y20D02

次に、CNCシステムは、工具半径系と工具長補償指令を実行する。

2 .工具長補正と他のコマンドの関係

  1. G 43とG 44コマンドは線形運動で使われることができます、そして、彼らが非線形運動声明で使われるとき、アラームは発生されます;
  2. G 43とG 44は同じグループのモード命令です、彼らは特別なG 49コマンドを使用する必要なしで自動的に最後のツール長補償をキャンセルします。 安全性のために、工具の加工やブロックの終了が完了したときには、工具を取り外すべきである。 長さ補償
  3. ツール長さ補償は、独立した内挿運動(グー、Go 1、G 81、G 83など)を伴わなければなりません。

上記は、CNC機械加工において一般的に使用される3種類の補償であり、プログラミング及び加工に大きな便宜をもたらし、作業効率を大幅に向上させることができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。