高精度加工の重要性

精密機械加工は、私たちが日常生活で使用し、信頼している多くのツールの部品やコンポーネントを作成するために使用できる基本的なサービスです。 私たちがサービスを提供するすべての業界では、航空宇宙、医療、自動車の自動化など、高度な処理が必要です。 しかし、精密加工とは正確には何ですか? ここでは、精密加工とは何か、加工方法、メリット、そしてなぜ高精度加工が重要なのかを詳しくご紹介します。

高精度加工とは?

製造業では、「高精度機械加工」とは通常、公差が数マイクロメートル以内の部品を指します。 精密加工とは、対応する加工方法よりも加工精度や表面仕上げが高い各種加工を指します。 精密機械加工プロセスには、精密切削、高輝度、高精度研削が含まれます。 精密加工の精度は一般に10〜0.1μm、公差はIT5以上、表面粗さRaは0.1μm以下です。

精密機械加工の本当の芸術は、コンピュータ制御設計と人間工学設計の組み合わせです。 これは、流体力学、化学制御、機械、異常気象、および最新のハードウェアと機能技術に必要な耐久性の開発を通じて、独自の機能と高度に制御された出力を作成できます。 精密機械加工は、工具や部品を正確かつ安定して製造するために非常に重要であり、一貫性、精度、耐久性を備えて繰り返すことができます。

精密加工は何に使用されますか?

精密機械加工は、最終製品を作るために元の製品から材料を取り除く必要がある場合に使用されるサブトラクティブプロセスです。 精密機械加工を使用して、さまざまなオブジェクトや材料のさまざまな製品、アイテム、および部品を作成できます。 これらの部品は通常、公称サイズと部品の間で厳密な公差の変更を必要とします。これは、部品の製造にエラーの余地があまりないことを意味します。 それは私たちの日常生活で使用される多くの大小のオブジェクトとそれらのコンポーネントを構成するために使用されます。 オブジェクトが多数の小さなパーツで構成されている場合、通常、それらが正確にフィットして適切に機能するように、精密に機械加工する必要があります。

非常に厳しい公差と高い耐久性を維持するように設計されたコンポーネント、部品、および完成品は、精密機械加工の使用に不可欠な一般的な推進力です。 たとえば、機械部品として連携する必要のある部品は、常に0.01mmから0.005mmの特定の範囲内で位置合わせする必要がある場合があります。 精密工学と機械加工は、これらの部品を正確に製造できるだけでなく、この精度で何度も何度も製造できるようにするのに役立ちます。

精密工学のもう1つの一般的な用途は、ツールまたはコンポーネントを修理または修理する必要がある場合です。 一定期間使用した後、オブジェクトのツールまたはコンポーネントは、元の状態に復元するために、機械のキャリブレーション、溝入れ、または溶接が必要になる場合があります。 これは、精密機械加工によっても行うことができます。

また、テストフィクスチャまたは自動化された生産ライン、特に電子産業、自動車オートメーション産業、医療機械生産ラインなどの一部の高精度産業で使用することもできます。

精密機械加工ではどのような工具と材料が使用されますか?

精密加工には、プラスチック、セラミック、金属、ステンレス鋼、鋼、青銅、チタン、タングステンなど、さまざまな原材料を使用できます。 原材料の正確な切断と複雑な除去のために、さまざまなツールを使用できます。 これらのツールは原材料に依存します。 ほとんどの材料には、フライス盤、旋盤、グラインダー、その他のCNCマシン、EDMなどを使用できます。 これらはすべて、主に高度な資格と経験を積んだオペレーターによって操作されるCNC制御の機械です。 各ツールには異なる機能、材料、部品のサイズ、部品の複雑さ、表面処理などがあり、使用するツールの選択に影響します。

どのマシンが使用されていますか?

精密機械加工から最良の結果を得るには、コンピューター支援設計(CAD)またはコンピューター支援製造(CAM)手順を使用して作成された特定の青写真に正確に従う能力を意味します。 CADまたはCAMファイルは、部品の製造に必要な3D図面を作成するために使用されます。 精密機械加工の性質上、十分な訓練を受けた技術者は、非常に正確な仕様でファイルを作成する必要があります。 次に、このCADまたはCAMファイルをCNC機械加工で使用して、機械加工プロセスで最良の結果を取得します。

これらの非常に複雑で高精度の部品を製造するには、これを効果的に行うための高度な機械が必要です。 さまざまなタイプのCNCマシン機能には次のものがあります。

  • 3軸CNC加工
  • CNCフライス加工
  • CNC旋削
  • 多軸CNC加工
  • インデックス付きCNC加工3 + 2軸
  • 5軸CNC加工
  • 精密研削
  • EDMおよびワイヤーEDM

精密加工、品質も非常に重要なので、検査機が必要です。 通常の内容:

  • CMM
  • 顕微鏡
  • 高度計
  • マイクロメータ
  • 硬さ試験機
  • キャリパー

精密加工の利点

精密機械加工工程1.運用効率

精密機械加工プロセスは、手動の介入なしに自動的かつ高速で実行できるコンピューター制御の機械に大きく依存しています。 これは、製造業者が部品を処理するためにより少ない労力に頼ることができることを意味します。 製造コストを削減し、製品の品質を向上させることで、工場フロアの運用効率を向上させることができます。 ただし、高度な機械やシステムを操作するには、熟練した労働力が必要です。

2.速度を上げる

精密機械加工には、コンピューターアニメーションの図面を使用して設計図を解釈し、それに応じて実行する装置が含まれます。 これらのマシンは、速度、精度、および全体的な出力の点で、明らかに人間よりも優れています。 最も重要なことは、マシンは長時間動作できるため、スリープを必要としないことです。

3一貫した製品品質

CNC工作機械による精密加工により、一定の出力時間を確保できます。 高品質の製品を一貫して生産することで、顧客の信頼を高め、ブランドの認知度を高めることができます。

4.リスク要因を減らす

人的または機械的なエラーは、生産プロセス全体の速度を低下させ、生産コストを増加させる可能性があります。 ただし、スマートマシンを使用することで、プロセスにおける人為的エラーを排除できます。 コンピューターは事前定義された一連の操作に厳密に従うため、問題が発生する可能性はほとんどありません。

5低エラー

CNC工作機械を使用することにより、正しい仕様が入力されると、自動化された精密機械加工プロセスが引き継ぎます。 手動処理と比較して、エラーの可能性は非常に低いです。

6低い製造コスト

CNCマシンは通常、精密部品の製造に使用されます。 この製造プロセスの包括的な性質により、無駄が減り、労力が減り、エラーの可能性が減ります。 製造コストが低いため、製造業は現在、ビジネスを運営するために自動化システムをますます使用しています。

7.速い生産

私たちは、自動化された製造システムがいかに高速に機能し、再現可能なタスクを高精度で実行できるかを知っています。 速度と精度の点で、人間は精密工学機械に勝るものはありません。 ターンアラウンドタイムの短縮は、会社が市場の期待に応え、持続可能な成長を達成するのに役立ちます。

なぜ高精度加工がそれほど重要なのですか?

5軸CNC機械加工技術の急速な発展に伴い、ますます多くのプロトタイプメーカーが部品の精密機械加工に対するより高い要件を提唱しています。 たとえば、デバイスのサイズを小さくすると、デバイスを機能させるコンポーネントは縮小し続け、パフォーマンスと効率が向上します。 多くの業界は、製品にマイクロコンポーネントを使用することを熱望しています。これは、電子機器、医療コンポーネント、エネルギーコンポーネント、ライフサイエンス研究などの業界のトレンドです。 耐久性のある部品を正確な寸法に切断し、より大規模なシステムで確実に機能させる必要がある企業は、作業を完了するためにCNC機械加工が必要です。

マシニングセンターワーキング

近年、機械製造業は急速な発展のペースで精密機械加工と超精密機械加工に向けて発展しています。 将来の開発プロセスでは、精密機械加工と超精密機械加工が市場競争で勝つための重要な技術になるでしょう。 現代の製造が処理精度を改善する必要がある主な理由は、製品の性能と品質を改善し、品質の安定性と性能の信頼性を改善し、製品の小型化、強力な機能、優れた部品交換、製品の組み立て、およびデバッグの生産性を促進することです。 アセンブリの自動化。 産業の自動化とインテリジェントな産業のアップグレードと改革により、間違いなく精密部品の需要が高まるでしょう。

精密加工を実装する準備はできましたか?

SANS機械加工では、自動車、光学および航空宇宙、軍事、輸送など、多くの業界向けに契約CNC精密機械加工を提供しています。 10年以上の経験を持つ工場として、フライス加工、EDM、WEDM、研削プロセスのカスタム精密機械加工を専門としており、ジグ&フィクスチャおよび部品組立サービスも提供できます。

無料見積もりのためにあなたの絵を送ってください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です