研磨プロセス、タイプ、利点、用途、および研削の違い

製造業の発展に伴い、機械研磨、化学研磨、電解研磨、超音波研磨、流体研磨、磁気研磨研磨、電気火花超音波複合研磨などの研磨プロセスがますます洗練されてきています。 表面品質は、コンポーネントの製品寿命と性能に影響を与える最も重要な要素です。 初期の技術のほとんどは、ミクロンまたはサブミクロンの範囲の精度、ナノメートルの範囲の表面粗さを示し、光学、機械、および電子部品の製造において表面欠陥はほとんどありませんでした。

一般的なものは、機械研磨、化学研磨、電気化学的研磨です。 業界が異なれば、材料の異なる金属部品の表面研磨要件も異なります。

研磨工程とは何ですか?

研磨とは、機械的、化学的、または電気化学的効果を使用してワークピースの表面粗さを低減し、明るく滑らかな表面を実現することを指します。 金属部品の表面を修正するために、研磨工具と砥粒または他の研磨媒体を使用します。

研磨されたCNC部品またはワークピースは、滑らかな表面と優れた反射効果を備えています。 研磨後、ワークの厚みが薄くなり、傷が付きやすくなります。 そのため、表面は細かいフランネル、スエード、ベルベット、特殊な洗剤で洗浄する必要があります。

研磨部品

研磨工程の種類

機械研磨

機械研磨は、材料の表面の切断と塑性変形に依存して、研磨された突起を除去することによって滑らかな表面を得る研磨方法です。 機械研磨は、一般的に、主に手動操作で、砥石、フェルトホイール、サンドペーパーを使用します。 回転体などの特殊部品はターンテーブルなどの補助工具を使用でき、超精密研磨は高い表面品質要件に使用できます。 超精密研磨は、特殊な研磨工具を使用して、研磨剤を含む研磨液中でワークピースの表面を高速で回転させます。 様々な研磨方法の中で最高のこの技術を使用することにより、0.008μmの表面粗さを達成することができます。

機械研磨の利点

-高輝度

–表面仕上げを改善する

-製品の付着を減らす

–より良い表面清浄度

–より高い美的魅力

機械研磨のデメリット

–高い労働強度

–研磨プロセスは有害な場合があります

–複雑な部品を処理できません

–光沢は一貫性がなく、持続することはできません

–腐食しやすい可能性があります

–表面の機械的強度が弱くなる

化学研磨

化学研磨では、材料表面の微細突起部分が凹部分よりも化学媒体に優先的に溶解するため、滑らかな表面を得ることができます。 化学研磨プロセスでは、金属表面への溶液とガルバニックカップルの影響により、不動態化層が形成されます。 化学研磨の直接の結果は、マイクロラフネスの滑らかな研磨と上層の平行溶解です。

この方法は、複雑な形状のワークピースを研磨することができ、同時に複数の金属部品を高効率で研磨することができます。 化学研磨で得られる表面粗さは一般的にRa10μmです。

化学研磨の利点

–複雑な形状のワークを研磨できます

-高効率

–複数の部品を同時に研磨できます

-設備投資が少ない

–優れた耐食性

化学研磨のデメリット

-明るさが不均一

–加熱しにくい

-ガスが溢れやすい

–有害ガスを放出する可能性があります

–研磨液の調整と再生が難しい

電解研磨

電解研磨は、電解研磨、電気化学的研磨、またはアノード研磨とも呼ばれます。 電解研磨の基本原理は化学研磨と同じです。つまり、表面の小さな突起が溶解液によって溶解され、滑らかな表面が得られます。 ただし、化学研磨に比べて陰極反応の影響を排除でき、研磨効果が向上します。 電解研磨は、金属ワークピースから材料を取り除き、マイクロの山と谷を平らにすることで表面粗さを減らし、表面仕上げを改善します。

電解研磨の利点

–長持ちする光沢

–内側と外側が同じ色

–幅広い材料を処理できます

-低コストと短いサイクル

-低汚染

–耐食性が高く、金属表面を変形させません

電解研磨のデメリット

–高い設備投資

–複雑な前研磨プロセス

–電解質の汎用性が低い

–複雑な部品には工具と補助電極が必要です

–大量生産には冷却設備が必要です

研磨加工部品

研磨工程の主な目的は何ですか?

研磨は、カスタム製造された部品に光沢のある滑らかな表面を作成するのに役立ちます。 腐食を防ぎ(酸化を除去することにより)、洗浄性を向上させ、部品の付着を減らしながら、部品の外観を向上させるのに役立ちます。 磨かれた表面仕上げはまた、きれいな材料の表面が重要な反射特性を持つことを可能にします。 これらはすべて、部品が顧客の期待に応えるように設計されています

機械的バフ研磨と機械的研磨の違いは何ですか

機械的バフ研磨と機械的研磨:どちらも表面仕上げを改善できますが、金属部品の表面処理ではバフ研磨と研磨が異なります。

バフ研磨は、研磨剤を使用して特殊な砥石(またはベルト)を回転させることにより、金属部品の表面を切断するプロセスです。 バフ研磨は、部品の表面のバリ、錆、引っかき傷、溶接傷、溶接ビード、酸化物スケールなどを取り除くことができます。 部品の平坦度を向上させるためのさまざまなマクロ欠陥。

研磨とは、研磨機に取り付けられ、研磨ペーストでコーティングされた研磨ホイールで部品の表面を処理するプロセスです。 研磨の目的は、部品の表面粗さをさらに減らし、明るい外観を得ることです。 研磨は、一般に、基板に大きな摩耗を与えることなく、平らな表面で実行されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です