機械加工でワークの精度を得る一般的な方法(2)

形状精度の取得方法

(1)軌道法

この加工方法は、工具先端の動きの軌跡を利用して、加工面の形状を形成します。 通常の旋削、フライス盤、平削り、研削はすべて工具先端軌道法に属します。 この方法で得られる形状精度は、主に成形動作の精度に依存します。

(2)成形方法

成形工具の形状は、工作機械の特定の成形動作を置き換えて、加工面の形状を取得するために使用されます。 成形旋削、フライス加工、研削など。 成形方法で得られる形状精度は、主に刃の形状に依存します。

(3)生成法

工具とワークで形成されたエンベロープ面を使用して、歯車ホブ切り、歯車成形、歯車研削、ローレットキーなどの加工面の形状を生成します。これらはすべて生成方法に属します。 この方法で得られる形状精度は、主にブレードの形状精度と生成運動精度に依存します。

位置精度の取得方法

機械加工では、他の表面上の機械加工面の位置の精度は、主にワークピースのクランプによって決定されます。

(1)正しいクランプを直接見つける

この方法は、ダイヤルゲージ、マーキングプレート、または目視検査を使用して、工作機械上のワークピースを直接見つけることです。

(2)正しいインストールを見つけるために線をマークします

この方法は、まず、部品図に従ってブランクに加工する各面の中心線、対称線、加工線を描き、次に工作機械にワークを取り付け、ワークのクランプ位置を 描かれた線に従って工作機械。

このクランプ方法は、生産性が低く、精度が低く、作業者の技術的要件が高くなります。 これは一般に、少量のバッチ生産で複雑でかさばる部品を処理する場合、またはブランクサイズの公差が大きく、固定具で直接クランプできない場合に使用されます。

(3)クランプによるクランプ

フィクスチャは、処理されたプロセスの要件に従って特別に設計されています。 固定具の位置決め要素は、工作機械および工具に対するワークピースの正しい位置をすばやく占めることができます。 位置合わせなしでワークの位置決め精度を確保でき、治具によるクランプ生産性が高い。 位置決め精度は高いですが、バッチ生産や大量生産で広く使用されている特殊な治具の設計・製造が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です