バフ研磨と研磨の違いは何ですか?

バフ研磨と研磨は、製造で一般的に使用される2つの仕上げプロセスです。 それらはすべて、美観と物理的特性を改善するためにワークピースの表面を滑らかにすることを含みます。 しかし、多くの人はバフ研磨と研磨が違うことを知りません。 それぞれの仕上げ工程には独自の特徴があります。 では、バフ研磨と研磨の違いは何ですか? バフ研磨作業と研磨作業の違いを人々はどのように見分けますか。

バフとは何ですか?

バフ研磨は研磨と同様のプロセスです。 多くの人は、彼らが実際には2つの別々のプロセスであることを知りません。 バフ研磨は、ホイールに緩い研磨剤を使用することを含む仕上げプロセスとして定義されます。 ワークピースを研磨するために、製造会社は、砥石盤で覆われた砥石車を使用する場合があります。 ディスクの緩い研磨剤は基本的に表面の材料と欠陥を取り除き、それによってより滑らかな表面を作成します。

研磨とは何ですか?

研磨と研磨の違いを理解するには、各プロセスをより深く理解する必要があります。 研磨は通常、バフ仕上げを完了する前に行われます。

研磨は、砥石の安全砂ベルトを使用して、つや消しまたは裏地付きの仕上げを形成する仕上げプロセスです。 研磨により、金属表面を平らにし、ピット、ライン、スクラッチなどの欠陥を取り除くことができます。

最初の研磨プロセスを正常に完了するには、可能な限り最高の研磨剤を使用する必要があります。

一方、研磨は、通常は接着剤やその他の接着剤を使用して、ホイールに固定された研磨剤を使用する仕上げプロセスです。 したがって、バフ研磨と比較して、研磨はより積極的な仕上げプロセスと見なされます。 それは、ワークピースの表面からより多くの表面材料を取り除くことができ、より明るく、より研磨された表面をもたらします。

研磨剤と研磨剤の研磨

研磨と研磨の両方で研磨剤を使用する必要があります。 低粒子、中粒子、高粒子の研磨剤があります。 低グリット研磨剤には60〜80しか含まれていませんが、中グリット研磨剤には100〜200の範囲があります。 研磨剤の粒子サイズは、その滑らかさを反映しています。 低粒子研磨剤は、中粒子および高粒子研磨剤よりもグリットが少ないため、特に粗くなります。 したがって、バフ研磨および研磨プロセスは通常、低粒子研磨剤の使用から始まり、次に高粒子研磨剤を使用します。

バフ研磨や研磨を行う場合、製造会社が正しいタイプの研磨剤を使用することが非常に重要です。 間違った研磨剤を使用すると(研磨剤が少なすぎたり多すぎたり)、ワークピースが損傷する可能性があります。

バフ研磨と研磨の違い

バフ研磨と研磨の主な違いは、前者は砥石に緩い研磨剤を使用するのに対し、後者は砥石に固定された研磨剤を使用することです。 言い換えれば、研磨に使用されるグリットベースの研磨剤はホイールに接着されていません。 緩く取り付けられているため、すばやく簡単に取り外して交換できます。

この微妙なニュアンスに加えて、研磨と研磨のもう1つの違いは、研磨剤の粒子サイズです。 例外はありますが、バフ研磨では通常、低粒子または中粒子の研磨剤を使用し、研磨では高粒子の研磨剤を使用します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です